【狙って】射撃・狩猟のメモ帳【撃つだけ】  -  みんなで巻き狩り楽しいな
FC2ブログ

みんなで巻き狩り楽しいな

カテゴリ カテゴリ: 駆除・狩猟

 さてさて、効率がいいとされるグループ猟。

山の一方に待ちをつけて寒い思いをさせておいて

反対側から勢子が追ってあとは捕獲する猟法。

私は勢子だ。なんとベテランの山のぼりの速いことか。

『汗をかかないように山を登るのがコツだ。』

いや、それやると俺って牛歩なんだよね。

尾根まで平地を約200m歩いた後に登りが150m前後。傾斜が激しくて

角度はとんでもない。わかりやすく言うと

スキー場を登るようなもの。そこに倒木があるから

滑落を防げるがそんなに安全じゃない。

指示は尾根を常にたどって鹿を降ろして、待ちで撃たせる。

尾根の終点まで行けば合流地点へたどり着くからひたすら

勢子に励め、とのこと。

朝の8時から12時まで歩き続けて

追っていくがやはり雪が少ない。

雪がないと足跡がわからない。



毎年この時期は10頭近く獲れるのだが。



 松の下に潜んでいる鹿は僅か10mの地点から全力疾走して

山を下る。しかし予定とは逆の方向。あるよねこういうこと。

降りている最中に声を出すが無線からは『おーい、聞こえないぞー』

の一言。枯れるわ流石に。そんなこんなで道に迷わず無事生還。。


あまり獲れなかったが山を知るいい経験となった。



後で地図を確認したら直線で3kmは歩いていた。



俺の倍以上の年齢なのに。恐るべし。


スポンサーサイト


ランキング参加中。ご協力下さい!
ポチッとな。↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

日付2015.11.23 21:57 | コメントComment(0) | トラックバック TrackBack(-) | 編集EDIT

コメント

コメントを投稿する


プロフィール

REBELLION1

Author:REBELLION1
 一狩り、行こうぜ。

※当ブログはリンクフリーです

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
このページのトップへ